映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』のセリフで学ぶ英語表現/「邪魔させないでおくよ(ごまかしておくよ)」

ジャングル


『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018年アメリカ映画)
原題:Rampage
監督:ブラッド・ペイトン(Brad Peyton)
主な出演俳優:ドウェイン・ジョンソン(Dwayne Johnson)、ナオミ・ハリス(Naomie Harris)、マリン・アッカーマン(Malin Akerman)、ジェフリー・ディーン・モーガン(Jeffrey Dean Morgan)、P・J・バーン(P.J. Byrne)

あらすじ
エナジン社がゲノム編集実験を行っていた宇宙ステーションで事故が起こり、遺伝子サンプルが地球に落下する。そのサンプルに感染した3匹の動物達が巨大化・凶暴化してしまう。サンディエゴの動物保護区に保護されていたアルビノ・ゴリラのジョージもそのうちの1匹であった。元特殊隊員で霊長類学者のデイビスは親友であるジョージを救うため解毒剤を手に入れようとする。

I’ll keep everyone off your back | 誰にも君を邪魔させないでおくよ

狂暴化したジョージの姿を目の当たりにしたデイビス。ジョージを政府の手から守るため、デイビスはネルソンを説得する。

NELSON | ネルソン

We can’t keep this quiet.

Animal Response is asking questions.

I just dodged a call.
It was someone from the government.

What do you want me to tell people?


隠しきれないぞ。

動物救護団体から問い合わせが来てる。

ついさっきも1つ電話があったが無視しておいた。
政府の誰かさんらしい。

どう答えたらいいんだ?

DAVIS | デイビス

Tell them nothing.

He didn’t do it, Nelson.

Look at him. Somebody did that to him.


何も言うな。

ネルソン、彼は何もしてない。

彼を見ろ。彼は被害者だ。

NELSON | ネルソン

Davis, he killed a grizzly bear, okay?

Snapped his neck like it was toothpick.


デイビス、いいか、彼は灰色熊を殺したんだぞ。

相手の首を つまようじみたいにへし折って。

DAVIS | デイビス

Listen, protocol says, first sign of aggression mandates immediate isolation.


いいか、動物が凶暴化した場合は直ちに隔離するきまりだ。

NELSON | ネルソン

This is beyond protocol.

Davis, look at him.


普通の場合と違う!

デイビス、彼を見ろ。

DAVIS | デイビス

I’m looking at him.


今見てる。

NELSON | ネルソン

Really look at him!

That is not the George we know.


よく見るんだ!

僕たちが知ってるジョージじゃない。

DAVIS | デイビス

If we report this, they’re gonna put him down.

I can’t let that happen.


報告したら殺処分される。

そんなことはさせない。

NELSON | ネルソン

I’ll keep everyone off your back as long as I can.


できる限りは ごまかしとくよ。

DAVIS | デイビス

All right.
Thank you.


わかった。
助かる。

単語と表現

  • dodge:巧妙に避ける
  • grizzly bear:ハイイログマ(灰色熊)
  • snap:(鋭い音を立てて)折る
  • toothpick:つまようじ
  • protocol:手順、決まり事
  • first sign:最初の兆候
  • aggression:攻撃性
  • keep someone off one’s back:~(人)に邪魔(干渉・妨害)させないようにしておく